妊娠を望んでいる方は栄養の不足

妊娠を望んでいる方は栄養の不足や偏りに注意すべきですが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、生まれてくる赤ちゃんに先天性障害が起こる危険が高まります。そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない栄養素だということを忘れないで欲しいのです。モロヘイヤ、ほうれん草などの葉物野菜の他、イチゴなどの果物やレバーなどからもたくさん摂取できるため、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。



少子化と同時に赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが日本の医療技術において、今のところ男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。
そういったことはよく分かっており、それでもなお「挑戦したい」というならば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。


それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、性交するという方法で可能かもしれません。



女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということは多くの人が知っていますが、それにとどまらず、妊娠している間はずっと十分な量の葉酸が、母子にとって本当に必要な栄養素だといえます。葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。



無事に妊娠初期を乗り切った後も、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって強化して摂っていければベストです。

貧血を起こす要因と言えば、鉄分の摂取不足によると思う方が多いかもしれませんが、実際は様々な原因による貧血があり、いつでも鉄分不足だけが原因だとするのは間違いです。葉酸不足による貧血も少なくないので、鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、意識的に葉酸を摂るようにすると貧血の改善が見られることもあるのです。葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。正直、自分には関係ない話だと思っていましたが少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「男性が飲んでも意味がない。
妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」と却下されました。男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、サプリを飲むようになりました。飲んでしばらくしてから、二日酔いの症状が軽くなって、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。
布ナプキンをご存知でしょうか。布ナプキンと言って連想されることといえば使った後、洗濯が面倒くさいし、漏れないか気になる、と使用に踏み切れないという方も多いです。そうは言いますが、実をいうと布ナプキンはその名の通り布でできているので、ムレ、またはかゆみのような不快感が減少しますし、冷えからも守ってくれます。このことから、ストレスを減らし、体を冷やしにくくするという妊活中の女性にはとても大事である子宮環境の向上に一役買います。


妊娠した女性にとって赤ちゃんが問題なく育つためにぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。
名前の「葉」から連想して野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが果物にも案外豊富に含まれ、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。



普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎食、確実に摂れると良いですね。


女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、結果として自律神経が変調を起こすことがあるかもしれません。多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから生じるというのが定説ですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じることも考えられます。ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整える働きがあり、そのことで結果的につわりを軽くする効果があるとされます。妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いとあちこちで聞かれますが、葉酸を妊娠前から意識して摂ると受精率及び着床率が上がることが明らかになっています。


受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、葉酸の役割が重要になってきます。
従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、お腹の中で胎児が健康に育つためにも重要な役割を果たすものなので、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。
赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠の仕組みについてよく理解したうえでまた出来うるだけのコントロールを行っていくものであるということもできます。

また、最優先すべきもの、それは栄養であるということが分かると思います。ですが、必要とされる栄養素をすべて過不足なく摂るのは、並大抵のことではありません。



そんな時はサプリにお任せ!最近は妊娠を目的とした、いわゆる妊活サプリと呼ばれるものも出ました。