赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんが

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方にはビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。

ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育や細胞分裂を順調に進める役割をします。


葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも含有量が多いのですが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますので野菜が足りていないと思う方やあまり野菜が好きでない方は特に良いでしょう。
妊娠初期の胎児にとって非常に重要と、一般に知られているのが葉酸です。
葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというと野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。

納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。

海藻類、海苔などからも葉酸を摂れますから毎日、少しずつでも継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。

果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いので間食にはちょうど良いと言えます。葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、問題なく妊娠中期に入った直後にカルシウムも摂取しなければと思って牛乳を飲む量を、今までの倍にしました。



自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、お腹の調子が悪くなってしまいました。妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ産院で出された鉄剤を飲むことになりました。それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合された葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。

妊活をしている時は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。野菜のうち、大根やゴボウや人参のような根菜類の場合は、体を温めるには適しています。それに対して、冷えを招く野菜は、きゅうり、なす、トマトのような旬となる時期が主に夏の野菜です。

果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースの場合はたくさん飲んで体を冷やしてしまいやすいですから、飲み物もあたたかいものを摂るのがいいでしょう。


健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であっても可能な範囲で体にとって有害なものを排除する方が賢明です。そういう意味でも、たばこを吸わないよう心掛けましょう。



タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体にいいものではないことは確かです。



習慣的にタバコを吸う方は、妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。

ちょうど妊活をしているところという人はちょっとでも早く赤ちゃんに会いたいと考えていると思います。
コツコツと基礎体温の測定や記録、体の冷え防止など一般的なことはもう実行されていると思います。



妊活を風水的にみてみると、たくさん実るザクロの絵を寝室の北側へ飾ることが妊娠に効果があるとされています。出来れば寝室自体も北にした方がますます効果的だということです。



ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということがよく聞かれるようになっています。子供が健康に育つために必要なのはもちろん、お母さんが健康に過ごし、無事出産できるようにするためにも欠かすことのできない栄養素なのです。
どの時期に、葉酸が最も必要になるか知りたい方もいると思います。葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。
しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、錠剤やサプリメントを活用して所要量を摂っていくのがおすすめです。


そして、妊産婦や授乳中の女性などで通常の倍近い葉酸の摂取を要求されている中でも日々の献立の中で、葉酸が上手く摂れない場合や、かなり悪性の貧血を改善するために時々用いられる手段として、集中的に注射で投与することも考えられます。



布ナプキンと聞いて思い浮かぶことといえば、使用後の洗濯が面倒、漏れそうに感じる等、使用に踏み切れないという方も多いです。


しかしながら、下着と同様に布で作られている布ナプキンは、不快なムレやかゆみが減り、温かさを保つことができるのです。
そういうわけなので、生理によるストレスや冷えから体を守るという妊活をされている女性には大切な子宮の中の環境を良くするのに効果があります。不足がちなので、意識して摂りましょうといわれる葉酸は、大量に摂取するとより効き目があると何となく思ってしまう方もいそうな気がしますが、所要量を大幅に超える葉酸を摂り続けると様々な副作用を起こします。大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こす大変な事態になることもあります。
葉酸は1日あたり1000μgが摂取の上限なので、それ以上摂らないように加減しましょう。