水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃が空っぽの時に一番

水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは食間だというべきでしょう。できれば、所要量を一度に摂るのではなく何回かに分けて摂っていくとより効果があることが実証されています。身体の中で一番効くのはいつかというと、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。
妊活中の喫煙は止めましょう。

妊活中に煙草を吸うと、人体に有害な作用によって健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。



当然のことですが、これは女性だけではなく男性にも該当します。喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。

ですので、妊活中の方は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。



妊活と言えば、女性の活動とイメージされがちですが、夫婦ならば、妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。
そこで具体的に、男性ができる妊活、食べた方がいいものが何かみていきましょう。

妊活中の男性が摂るべき栄養素として、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。


この様な栄養素を毎日摂取するよう努めて、妊活の成功率をよりアップさせましょう。



赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには絶対必要な栄養素であり、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、子宮内膜が厚いほど受精卵がしっかり守られ、着床から妊娠成立まで進みやすくなるのです。



妊娠した女性にとってすこやかな子供の発育のために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。その名「葉」の通り、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、供給源として重要なのが果物で、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。


普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので葉酸が豊富な食材について調べ、効率よく摂取することが大事です。

妊活中であるにもかかわらず、コーヒーなどといった飲み物がお好きで、飲む習慣がある方は注意してください。コーヒーに含まれているカフェインというものは、その作用の一つに「体を冷やす」というものがあります。

体の冷えによって血行が悪くなってしまい、妊娠の際に重要な子宮の機能低下を起こすのです。



コーヒーなどといった飲み物がお好きだったとしても、摂取は控えめにした方がいいでしょう。多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。妊活中の冷えは厳禁で、体を冷やさないようにすることも、大事な妊活の一環です。

それに関連して、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。


これらは冷えの解消に効果があります。



実際、これらを使うようになって冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと思われます。暑くなってくるにつれ、知らず知らずのうちにグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、妊活を行っている時は普段以上に極力冷たい飲み物は避けた方が無難でしょう。
反対に、温まる飲み物を飲むと血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。
生活全般で日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材として可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、たくさん葉酸を摂るための目的で、葉酸を多く含む食材にこだわるというのはとうてい現実的ではありません。誰にでもできる葉酸の摂取方法として、手軽なスムージーも良いでしょう。


作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜やりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、あっという間に仕上がってしまうのです。



何かと辛いこともたくさんある妊活をしている間には、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。妊活も長くなってくるとうつ状態に陥ることもあります。
不妊の最大の原因はストレスだとも考えられています。

不妊治療をやめたことでストレスから解放され、自然と妊娠できたという人は少なくありません。

必死に妊活をすることで、心配事を増やしてしまう事がないように息抜きをしながら続けていきましょう。