ご夫婦で妊娠を考え始めた際、ぜひ摂りたい栄養素として葉

ご夫婦で妊娠を考え始めた際、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。ビタミンMと呼ばれることもある葉酸は、大分類ではビタミンB群の一つです。
良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全ての細胞が活発に増えていくために陰の力となるビタミンなので、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。


葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。一般的に、妊活中にコーヒーを飲むことは好ましくないとされています。
カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、体の冷えが禁物の妊活中には控えるに越したことはありません。とはいっても、コーヒー好きで我慢できないという人も居ると思います。

そんな場合はストレスが妊活に悪影響を与えないように、2、3杯を目安に飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。葉酸を強化した食品は必ず特定保健用食品のマークがついています。

消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、申請に基づいて審査をして食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。特定保健用食品の表示があり、マークがある食品なら特定保健用食品として、一定の基準を満たしていることの保証がされているので、できれば葉酸の多い食品が良いという場合も判断の目安として役立つものです。全ての妊婦から見て、葉酸は非常に重要な栄養素と言えます。食材の中では、葉物などの野菜に葉酸が豊かに含まれるとされ、よく知られている食材としては枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。ことにほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含む食材として有名なのでできれば毎日食べたい野菜ですね。時々聞く話ですが、妊娠してから体質が変わって便秘しやすくなったという方が意外に多く見られます。
便秘にならないようにするためにも、腸内環境が良くないと栄養の摂取にどんなに気をつけていても、栄養素は吸収されず、十分に体内で働かなくなります。腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は身体の中に取り込まれるので、葉酸など栄養素を十分に摂取したければ、腸内環境を正常に保つことを意識することが求められます。第二子が欲しいとなんとなく思いながら気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、これをチャンスと捉え体をくまなく検査してもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと夫と話し合って決めたのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが妊活を決めた瞬間になります。

神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためにはビタミンB群である葉酸の効果が認められています。女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省もすすめているくらいです。


毎日きちんと葉酸を摂ろうとすると普通の食材を普通に調理しているならば胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。サプリなどを補助的に使って、所要量を満たせるだけの葉酸を毎日欠かさず摂ってくださいね。早くお母さんになりたかった私は、その手の本やサイトを調べたところ、妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、どこでも書いてあったため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。



妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。

妊娠しやすい体づくりのために、心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。ヒトは睡眠不足が続いてしまうと体内の活性酸素が増加し、そのことが原因で、卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

加齢に伴って性機能が低下していくスピードを少しでも遅らせるよう、妊活中の人は睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、サプリや強化食品、錠剤などを使って必要量を満たしていくことも一つの手です。そして、妊産婦や授乳中の女性などでより多くの葉酸摂取が必要なのに食事から摂れる葉酸だけでは上手く摂れない場合や、かなり悪性の貧血を改善するために鉄分とともに、良質の赤血球を増やす目的で注射して投与することもありえます。